革素材

開発新素材の紹介 Development

 当社では、The Leather for Innovation(革新)を掲げ、新しい素材の研究開発に力を入れています。ここでは、その一部を紹介していきます。

【33】 抗菌レザー

抗菌レザー

加工段階において無機イオン交換体に銀イオンを担持させた抗菌剤を使用する事により、広い範囲の細菌に抗菌効果を発揮します。

均一微粒子で吸湿性がほとんどなく、耐熱性に優れ、また安全性は極めて高く米国FDA(食品医薬品局)で認可されています。 近年はインフルエンザウイルス、SARSウイルスなどの各種ウイルスに対しても不活性化効果を発現することから、抗ウイルス剤としての用途も期待されています。

《特長》
・米国FDAおよびEPAに抗菌剤登録されています。
・銀による抗菌力は様々な微生物に効果を発現します。
・耐熱性は800℃以上、耐薬品性にも優れています。

【32】 アニリンスムース

コンビ鞣し 

アニリンスムース

 ヨーロッパの厳選された原皮を使用し、少しマットな感じで仕上げた革素材。しっかりとした銀面をしており、厚口などで1枚モノとしてもご使用いただけます。


革:ヨーロッパ牛
厚み:2.1-2.2mm
推奨用途:付属、外縫いカバン、小物

【31】 アニリンソフト

コンビ鞣し 

アニリンソフト

 ヨーロッパの厳選された原皮を使用。素あげ調でコシのある柔らかさが特徴的。ナチュラル感が好きな方にはぜひオススメしたい革素材です。厚口なので1枚ものとしてもご使用いただけます。


革:ヨーロッパ牛
厚み:2.1-2.2mm
推奨用途:付属、外縫いカバン、小物